地蔵塚古墳(行田市)

地蔵塚古墳は関東の石舞台と言われる八幡山古墳と同じ若小玉古墳群内にある方墳で、



墳頂に地蔵堂が祀られていることから、地蔵塚古墳と呼ばれています。

石室の復元工事で左壁・右壁及び奥壁に線刻画がみつかり1963年(昭和38年)3月29日、埼玉県の史跡に指定されました。
現在石室内部の公開はしていませんが埼玉県立博物館にレプリカがあります。

地蔵塚古墳基本情報

古墳形状:方墳
古墳規模:一辺約28m、高さ約4.5m、周堀幅約1m、深さ40~50cm
築造時期:7世紀後半
所在地:行田市藤原町2-28-2



地蔵塚古墳付近地図


より大きな地図で 埼玉の古墳・古代遺跡 を表示


ここから800Mほどのところにあるのが
若小玉古墳群 関東の石舞台 八幡山古墳(行田市)

0 件のコメント: